日本産業デザイン振興会は2005年10月25日,2005年度グッドデザイン賞の大賞を選出した。大賞を受賞したのは,テルモの世界一細いインスリン用注射針「ナノパス33」( Tech-On!参考記事)。「患者の痛みを軽減する」というコンセプトで,岡野工業(本社東京)と共同開発したものだ。ナノパス33について審査員は「ニーズが不可能を可能に変えた一つの事例で,日本のものづくりに一石を投じた商品」としている。板金を丸めて溶接し,刃面を加工する,という製造方法や技術に対する評価も高い。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!