曙ブレーキ工業は,アスベスト疾患による死亡者数がこれまでに1人発生していたことを明らかにした。同社では,主に自動車用のブレーキライニングやディスクブレーキ・パッドなどの摩擦材を製造,その原材料の一つとして耐熱性などに優れた白石綿(クリソタイル)を使用してきた。しかし1987年からノンアスベスト製品をラインナップし,1999年にディスクブレーキ・パッドで,2000年にはブレーキライニングで切り替えを完了。それ以降,アスベスト製品は一切生産していない。なお,死亡者数と併せて公表された療養者数は0人。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!