インターデザイン・テクノロジーは,LSIのシステム・レベル設計支援EDAツール「VisualSpec」に,システム記述をグラフィカルに入力できるオプションを付けた「VisualSpec/eMSCツールスイートV1.2」を発表した。所望の仕様をeMSCと呼ぶ形式でグラフィカルに定義すると,既存の動作合成ツールの入力データが得られる。このデータを動作合成,論理合成,自動レイアウトと順番に処理することで,仕様記述からLSIを自動設計するパスが構築できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!