ドイツ・ミュンヘンで開かれたDATE(Design, Automation and Test Conference in Europe)2005の展示会では,RTL(register transfer level)より抽象度の高いESL(electrical system level)をねらったEDAツールが多かった。その大半は,ソフトウェアも考慮に入れた設計や検証を強調している。そんな状況を意識してのことだろう,米Bluespec, Inc.のGeorge Harper氏(Vice President of Marketing)は,「われわれは,ハードウェア設計者向けのESLツールを提供する」とブースでの説明を始めた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!