先週,中国上海で開催された,LSI設計の国際会議「ASP-DAC 2005」のセッション7D「RF Circuit Design and Design Methodology」では,各講演に対して活発な質疑応答があり予定時間を大幅に超過した。「ISSCC」のように企業が中心で,達成した性能を誇示・宣伝する場でなく,大学が主体で研究過程の成果を共有し互いにブラッシュ・アップする場としてのASP-DACの性格が良く出ていた。RF回路の設計方法論やマクロ・ブロックの精緻化などは技術ディスカッションに適したテーマである。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!