「ハゲタカ」「るろうに剣心」といった作品で知られる映画監督の大友啓史氏に、映像機器の将来への期待や展望を聞いた。さまざまな画面の普及が多彩な映像体験を生むことに期待しつつ、その分映像作家には独自の視点が求められると説く。技術者は、自らの哲学に準じて、製品やサービスで何ができるのかを使い手側に提示すべきだと主張する。

おおとも・けいし
1966年岩手県生まれ。慶應義塾大学卒業。1990年NHK入局。1997年から2年間、ハリウッドで脚本や映像演出を学ぶ。帰国後、「ハゲタカ」「白洲次郎」「龍馬伝」などを演出。2011年NHK退局、大友啓史事務所を設立。『るろうに剣心』3部作、『プラチナデータ』などを手がける。次回作は2016年公開予定の『秘密 THE TOP SECRET』。(写真:加藤 康)

──2020年に向けたテレビの大画面化や高精細化の進展は、映像の作り手側からは歓迎すべき動きでしょうか。

 2つあると思っていて、1つは圧倒的にウェルカムなんですね。そもそも僕がテレビをやめて映画をメーンに活動しているのは、普通の(テレビの)視聴環境だと、自分の作ったものが視聴者にそのまま伝わらないことが、大きかった。例えば、音は圧縮されますし、映像もそれぞれの家で画質が全然変わるし、画面が小さいとこちらが隅々まで作り込んでいるディテールが伝わらない。テレビをやっていた時代の最大の枷(かせ)は、どういう環境で見られているか分からないことでした。画面のサイズは多種多様で、メーカーによって色も全然違うし、音環境も全く違うじゃないですか。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら