前回は、代表的な小形アンテナの1つであるチップアンテナの設計について説明した。線状アンテナを折り返すことによって小形化を図った。今回は、プリント基板上に形成できる平面状のパッチアンテナの設計について解説する。なお、前回と同様に本連載では、アンテナの寸法の大小を表現するときには「大形」「小形」という表記を用いる。 (本誌)

 今回はパッチアンテナの設計について解説する。前回のチップアンテナは線状アンテナを折り返したものだが、パッチアンテナは平面アンテナである。プリント基板上に放射素子を形成できるので、便利で使いやすい。GPS用(1.575GHz)や2.4GHzなどの高い周波数のアンテナとして多用されている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら