脳計測技術の応用先を広げるために、計測器の小型化や低コスト化に向けた研究開発が活発だ。装着性を高めた装置や、額に貼れるほど小型化した装置が登場している。ソフトウエアの改善で測定装置の簡易化も可能になった。脳波よりも手軽に計測できる視線や表情にも、注目が集まっている。

 高い精度で人間の感性や感情を顕在化させる脳の計測技術。今後、同技術を普及させるには、計測器の小型化や低コスト化などによって、より手軽に利用可能にすることが不可欠になる。その実現に向けた研究開発が活発化している。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら