電機メーカーや自動車メーカーで、脳の活動を可視化して開発に生かす動きが活発になっている。製品を使うヒトについて深く理解することで、従来になかった視点での開発につなげる。モノの性能・仕様を良くする開発から、「脳=ヒト」の感性や情動に訴える開発へ。開発指針に、脳という新たな基準が加わる。

 「ヒトをわくわくさせるにはどうすればよいのか」。広島大学大学院 精神神経医科学教授の山脇成人氏が、マツダなどと進めている研究テーマの1つだ。わくわく感とは、将来の自分の行動を予測し、過去の経験に照らして生じる心理状態と言える。「わくわくする製品」を開発するためには、わくわく感が生じるメカニズムを明らかにすることが近道になる。そこで同氏らは、どのような環境や順番で、どの五感に働きかけると、わくわくするのかを脳活動の可視化によって体系化し、製品開発に生かすことを狙って研究を進めている。

 「真に良い光とは何か」。東芝は、照明の光源としてLEDを採用するにあたり、この問いに向き合った。行き着いたのが脳活動の計測だ。ヒトは、目が捉えた光をそのまま像として認識しているのではない。環境などに応じて色や形をいわば再構成している。LED照明が市場に登場したばかりのころは、発光効率を示すlm/Wが重要な指標と言えた。しかし、今後は光の“快適さ”が差異化要因になると考えた。快適さの指標を探るため、同社は脳における視覚認識のモデル化を試みたという。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら