Stanford Universityが開発したAlイオン2次電池(写真:Mark Shwartz, Precourt Institute for Energy, Stanford University)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Stanford University Department of Chemistry、ProfessorのHongjie Dai氏の研究グループは、出力密度が3kW/kgと高く、しかも充放電のサイクル寿命が電流密度4000mA/gの場合で7500回以上と非常に長いアルミニウム(Al)イオン2次電池を開発した。ただし、エネルギー密度は約40Wh/kgで、既存のLiイオン2次電池の1/4と小さく、鉛蓄電池やニッケル水素(Ni-MH)電池並みでしかない。また、出力電圧が約2Vと低い。

 こうした点から、まずは出力電圧が1.5Vの乾電池やニッケル水素(Ni-MH)充電池の代替や、電力系統での大型蓄電池としての利用が見込める。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら