本コラムでは、日本メーカーの管理者や社員が抱える悩みに関して、トヨタ自動車流の解決方法を回答します。回答者は、同社で長年生産技術部門の管理者として多数のメンバーを導き、その後、全社を対象とする人材育成業務にも携わった経歴を持つ肌附安明氏。自身の経験はもちろん、優れた管理手腕を発揮した他の管理者の事例を盛り込みながら、トヨタ流のマネジメント方法を紹介します。
悩み
メーカーのある部門で、管理者として30人ほどの部下を束ねています。これまでは国内で激しい競争を繰り広げてきましたが、最近は台湾企業が急速に力をつけてきて、海外市場、特に売り上げの大きい米国市場でシェアを奪われ始めました。そこで、全社的に社員の一層の能力アップを目指すことになりました。部下の能力を引き出すうまい方法を教えてください。

編集部:最近、グローバル競争で日本メーカーが世界の競合企業に押し込まれる例が目立ちます。社員の競争力の引き上げは喫緊の課題で、会社から部下の能力を一層向上させることを求められて悩む管理者は増えています。トヨタ自動車の管理者はこの辺りに優れたノウハウを持っているのではありませんか。

肌附氏―部下の能力を最大限に引き出すために、トヨタ自動車の管理者が大切にしていることがあります。それは、「部下のやる気を高める心のマネジメント」を実践することです。

 私が知る限り、日本企業の管理者のマネジメント手法には定まったものがなく、属人的な要素が多いように思います。そのため、優秀な管理者は部下の能力を引き上げることができますが、そうではない管理者の場合にはそれがうまくできないということになりがちです。部下のやる気を高める心のマネジメントは、優秀な管理者であれば、きっとどの企業でも実践しているものだと思います。

編集部:それはどのようなものですか。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら