Type-Cのプラグ(コネクターの挿し側)の開口部
Type-Cのプラグ(コネクターの挿し側)の開口部
[画像のクリックで拡大表示]
他のコネクターとの比較。左から、USB Type-Cのプラグ、Lightningのプラグ、USB Standard-Aのプラグ
他のコネクターとの比較。左から、USB Type-Cのプラグ、Lightningのプラグ、USB Standard-Aのプラグ
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンやパソコン、テレビ、車載機器まで、あらゆる電子機器に採用されているUSB。そのUSBに世代交代の波が押し寄せている。その中心にあるのが、新しいコネクター仕様「Type-C」と、新しい給電仕様「USB Power Delivery Specification(USB PD)」だ。

 Type-Cは2014年に、USB PDは2012年に仕様が策定されたが、これまで対応製品は存在しなかった。この状況が大きく変わる。2015年から、Type-CやUSB PDに対応したノートパソコンやタブレット端末が続々と登場する。例えば、フィンランドNokia社は2015年2月に発売予定のタブレット端末「N1」に、Type-Cコネクターを採用する(関連記事)。N1は一例に過ぎない。USBの標準規格化団体であるUSB Implementers Forum(USB-IF)によれば、「2015年はさまざまな機器にType-CやUSB PDが搭載される」という。

 USB Type-CコネクターとUSB PDの採用機器が増える契機になるのが、両仕様に不可欠な制御ICの量産である。例えば米Cypress Semiconductor社は業界に先駆けて、2015年3月から制御ICの量産を開始する(関連記事)。既に同社のICを利用する顧客がいるという。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら