閉じる

Emerging Biz

日経エレクトロニクス

目次

  • メガソーラーへの設置進む蓄電池、韓国メーカーが低価格で提供

    短周期変動の抑制に必須

    「韓国メーカーが、事業の成り立つ価格で蓄電池を提供してくれた」(エジソンパワー)─。2015年4月に鹿児島県の徳之島で売電を開始した出力1. 99MWのメガソーラー「御船徳之島太陽光発電所」には、容量780kWhのLiイオン2次電池が設置されている(図1)。これは実証事業ではなく民間の発電事業である…

  • 車載市場に食い込む条件、自動車メーカーの最新基準とは

    パナソニックやソニーなどの大手電機メーカーをはじめ車載市場への注力を表明する企業は多い。だが、一朝一夕で食い込めるほど甘い市場ではない。東日本大震災後に自動車メーカーは新しい調達ルールを制定、部品メーカーは対応を迫られている。部品の提案力も問われる時代になった。自動車メーカーに選ばれる部品メーカーの…

  • 逆境に挑む同社が目指すのは、MediaTekそれともAvago

    2015年3月2日、富士通セミコンダクターとパナソニックのシステムLSI事業の統合が完了し、日本政策投資銀行も出資して新会社「ソシオネクスト」として事業を開始した。システムLSIの設計・開発にフォーカスし、富士通とパナソニックの両グループの連結対象にはならない、独立したファブレス半導体企業としての船…

  • 欧米で台頭するプロシューマー、関連サービスを日本へ

    電力自由化を控えた日本に海外メーカーが熱視線

    「2016年以降に日本でプロシューマー向けのビジネスを展開できないか検討している」(フランスSchneider Electric社 Partner Business、Prosumer Business VPのMatthieu Mounier氏)─。電力小売事業の全面自由化を2016年に控えた日本に、…

  • iPhoneの次はEV、Foxconnの「必勝」戦略

    Terry Gou(郭台銘)。一代で世界の電機業界を代表する企業を作った男が率いる台湾Hon Hai Precision Industry(鴻海精密工業、通称:Foxconn)社が、電装品(カーエレクトロニクス)・電気自動車(EV)市場を開拓し始めた。同社はここでも大手企業を魅了し、劇的成長を遂げる…

  • 自他ともに認める強運、ただし努力は怠らなかった

    今回のSCR大喜利では、日本の半導体産業の中で数少ない勝ち組と言える東芝を題材に、同社が勝ち残った要因を探求した(表1)。

  • スマホからIoTへ、移行期の技術と勢力図に注目

    世界半導体市場統計(WSTS)の2014年秋季半導体市場予測では、2014年の世界半導体市場は対前年比で9.0%成長して3331億米ドルに拡大するとしている。この傾向は今年も続き、対前年比で+3.4%成長して3445億米ドルになるという。ますますの成長が期待される半導体市場だが、その中身やそれを支え…

  • 困難とリスクはある、でも大きな鉱脈が存在するのは確実

    最近、にわかに非ノイマン型コンピューティングの話題が増えてきた。

  • 10kW以上の非住宅用太陽光のみ、買い取り価格の引き下げを提示

    2015年度の再エネ買い取り価格

    再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に関して、調達価格や調達期間を審議する「調達価格等算定委員会」が、2015年1月15日に開催された。2015年度の買い取り価格のうち、10kW以上のいわゆる非住宅用太陽光発電については引き下げ、それ以外の再生可能エネルギーに関しては据え置きの方向が示された。

  • パワコンの遠隔制御機能を義務化、出力を時間単位で抑制へ

    固定価格買い取り制度の運用を見直し

    経済産業省 資源エネルギー庁は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の運用見直しを2014年12月に発表した。再生可能エネルギーで発電した電力の出力を、電力会社がこれまでより細かく抑制できるようにするものだ。これにより、九州電力などが再生可能エネルギー電力の接続申し込みの回答を保留して…

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

エネルギー

もっと見る