本コラムでは、皆さんの悩みに関してトヨタ自動車流の解決方法を回答します。同社で長年生産技術部門の管理者として多数のメンバーを導き、その後、全社を対象とする人材育成業務にも携わった経歴を持つ肌附安明氏が、皆さんの現場で参考になる実践的で具体的な解決策を提供していきます。
悩み
新製品を開発する部門で管理者として働いています。今、社を挙げての大掛かりな新製品プロジェクトがスタートし、力が入っています。一方当社では、ここしばらく成功したと言える新製品はほとんどありません。この部門には高学歴の社員が多くて、人材的には恵まれている方だと思うのですが…。大規模な新プロジェクトを成功に導くための手掛かりがあれば知りたいと思っています。

編集部:今の日本メーカーの技術者に高学歴の社員は珍しくありません。大手メーカーの中には、新人技術者のうち、大学院の修士課程を修了した人が大半を占める企業もあります。そうした技術者が多く在籍している会社なら、技術力に優れて、新プロジェクトの成功率も高まりそうですが…。

肌附氏―確かに、基礎学力は大切です。しかし、トヨタ自動車の中でも、学歴と新プロジェクトの成功率との間には、あまり相関性はみられないというのが、私の正直な感想です。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら