本コラムでは、皆さんの悩みに関してトヨタ自動車流の解決方法を回答します。同社で長年生産技術部門の管理者として多数のメンバーを導き、その後、全社を対象とする人材育成業務にも携わった経歴を持つ肌附安明氏が、皆さんの現場で参考になる実践的で具体的な解決策を提供していきます。
悩み
設計開発部門の管理者を務めています。1年に1度の頻度で付加価値を生む技術を投入した新製品を設計開発することが最も大きな仕事です。例に漏れず、我々の業界も競争が年々激しくなっており、成果を出せと部員に発破をかけているのですが、最近はあまり大きな成果が出てこなくなったように感じて焦っています。成果を生み出すために、最適な管理方法はありませんか。

編集部:トヨタ自動車が2014年度の中間期(2014年9月期)決算を発表しました。通期ベースの予想では、純利益が2兆円に達する見込みとのこと。なぜV字回復ができたのでしょうか。

肌附氏―「トヨタ自動車のV字回復の秘策を教えてください」とよく聞かれるのですが、秘策などというものはありません。徹底度合いや精度といったものを再点検することはあっても、仕事に対する考え方や方法は一貫して変わっていないからです。

編集部:秘策はないにしても、この好業績の陰には、管理者による上手なマネジメントがきっとあるはずです。今回の悩みは、成果を出すためにどのような管理をしたらよいかというものです。管理者の普遍的な悩みかもしれませんね。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら