架線を利用せず、2次電池に蓄えた電力で走る鉄道車両“バッテリー電車”が次々と現れつつある。JR東日本が既に営業運転を始めた他、開発段階では東海、西日本、九州とJR3社がそろって試作車を走らせている。電化区間を電車として走りながら電力を蓄え、その電力で非電化区間まで足を延ばす。電化区間、非電化区間を直通する列車のエネルギーを軽油から電力に変えて節約し、騒音を減らす。

イラスト:いのうえ・こーいち

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら