2014年10月上旬、電機メーカーなどが最新のIT・エレクトロニクス商品を展示する総合展「CEATEC JAPAN 2014」が千葉市の幕張メッセで開催された。開催5日間の来場者数(リピーターを除く)は前年を約1万人上回る15万人強。一段と盛り上がりを見せた会場では、「ある共通の特徴」を持った商品が数多く出品され、来場者の耳目を集めた〔図1(a)〕。この特徴こそが、メーカーが今後、女性技術者をどんどん活用していくべき大きな理由。それを明らかにする前に、その特徴を持つ展示品を幾つか見てみよう。

図1●「CEATEC JAPAN 2014」には多くのエモーショナルな商品が集まった
2014年10月上旬に開催されたIT・エレクトロニクス商品の総合展「CEATEC JAPAN 2014」では、ユーザーの感情(エモーション)に訴え掛ける商品が集まった[a]。スマートフォン向けアプリケーションなどを手掛けるエムティーアイが企画した通信機能付き活動量計は、ヘアゴムや指輪、ブローチなどとして使え、女性心をくすぐる[b]。パイオニアは、ファンデーションや口紅、ヘアカラーなどが太陽光の下と同じような色合いに見える有機EL照明を展示した[c]。
[画像のクリックで拡大表示]

 図1(b)の写真に見える小さな装飾品は、女性向けのヘアゴムの飾り部分(写真左上)と指輪(同右上)、ブローチ(同下)である。一体なぜこれらのアイテムがCEATECに展示されているかというと、これらは実は全て、通信機能付きの活動量計だからだ。スマートフォン(スマホ)に専用アプリケーション(アプリ)をダウンロードしておくと、活動量計で測定した歩数や消費カロリーをスマホに記録できる。サイズはヘアゴムの場合で直径27mm、質量は9g。女性が髪に付けても違和感のない大きさと軽さだ。女性の健康にまつわるスマホアプリなどを手掛けるエムティーアイが企画したものだ。

 女性にとって何よりもうれしいのは、ファッションの一部として身にまとえる点だろう。実は女性の衣類にはポケットがないことが多く、一般に販売されている活動量計では常に持ち運ぶことが難しい。かわいらしい外観も女心をくすぐる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら