充電時のLiイオン2次電池の様子を示したイメージ図。電解液(右側)から負極(左側)へ、Li(橙色球)が移動する。(図:東京大学)

全固体電池やLi空気2次電池など、圧倒的な性能向上が期待できる「革新的電池」。2030年の実現を目指して、世界中の電池技術者が研究開発に力を注いでいる。その一方で、2020年ごろの実用化を見据えた“次世代Liイオン2次電池”の開発が手薄になっていた。ところが最近、全く新しい電解液や材料探索技術などの登場によって、その状況が変わり始めた。自動車市場などの確実な需要を取り込むべく、電池開発が一気に加速しそうだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら