ハイレゾ音源が普及し始めたことで、機器の高音質化が進んでいる。音の出口である「再生」の領域では、信号処理技術とスピーカー技術に注目が集まっている。音楽再生以外にも、難聴者を手助けする再生技術が実用化され始めた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら