炭化ケイ素(SiC)基板から作るパワー半導体デバイスに注目が集まっている。ダイオードについては量産車への採用が既に始まった。トランジスタへの採用も近い。SiC製パワー半導体の開発を手掛けるロームが、その特徴や採用する際のポイントを示す。(本誌)

2018年5月号から最新の連載はこちら

出典:日経Automotive Technology
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。