「スマートテニスセンサー」「超短焦点プロジェクター」「SmartBand」「Xperia Z」「α7」「PlayStation4」─。業績の低迷が続くソニーだが、ここに来て特徴ある製品が生まれている。その背景を探ると、開発現場が変わり、新機軸の製品を生み出しやすい環境が整いつつある姿が見えてきた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら