パソコンやスマートフォン、ディスプレー、外部記憶装置などを接続する機器間の有線インターフェースに、機能集約化の波が押し寄せている。AV(音声/映像)信号といった同期型のデータ伝送や、外部記憶装置とデータをやり取りする非同期型のデータ通信、そして電力供給までをケーブル1本で実現させる動きである。スマートフォンの台頭やノートパソコンの薄型化によって、本体に複数の端子を用意できなくなってきたことから、インターフェースの機能集約化が強く求められている(図1)。

図1 USBが機能強化で1強へ
スマートフォンの台頭やノートパソコンの薄型化によって、端子の設置場所が限られてきている。そのため、ケーブル1本でAV信号とデータの伝送、電力の供給を実現する集約型のインターフェースが求められている。加えて、4Kディスプレーの登場によって、データ伝送速度を高める必要がある。USBが集約型インターフェースで圧倒的な地位を築きつつある。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら