iPhone用アプリ。左が遠隔操作の画面で、右が撮影画像一覧の画面。
[画像のクリックで拡大表示]

 2013年11月8日、平たい筐体に二つの魚眼レンズを持つ一風変わったデジタル・カメラが日本で発売された(図1)。その名は「RICOH THETA(シータ)」。リコーが開発した全天球画像を撮影可能な製品である。

図1 簡素な外観
操作本体にはシャッター・ボタンと電源ボタン、無線LAN機能のオン/オフ用ボタンしか備えない簡素な作りになっている。
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでも、全天球画像を撮影できるデジタル・カメラは存在したが、レンズや撮像素子を多数搭載した大型のもので、プロあるいはセミプロを対象としたものだった。

 THETAの販売価格は4万円程度(2013年12月時点)と全天球カメラとしては安価であり、「日常生活において、その場の雰囲気を画像に残し、友人らと共有したい一般のユーザーを対象としている」(リコー)。

 本記事では、このTHETAの使い勝手と、構造などを検証した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら