「生産システムが環境規制にまだ対応できていない企業が多い。社会の動きは製造業に根本的な対策を迫っており,対症療法では済まなくなってきた。企業のものづくりの設計と製造をガラリと変えざるを得ない。ところが問題の整理さえできていない企業も多い」と,NPO法人 技術データ管理支援協会MASPフォーラム委員の児玉 公信氏(情報システム総研副社長)は警鐘を鳴らす。同氏に,環境対策の現状,課題,解決策の方向性を聞いた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!