日経ものづくり 事故は語る

回転ドア死亡事故の「真相」
進歩の過程で希釈された安全思想

2004年3月26日,6歳(当時)の男児が自動回転ドアに頭を挟まれ死亡した。 これを受け,ある民間組織が自発的に原因調査へと乗りだす。 設計変更や経営環境の変化に伴い,安全が徐々に失われていく過程が 同組織の再現実験や追跡調査によって判明した。

 事故が起きたのは「六本木ヒルズ」(東京・六本木)内にある森タワーの出入り口に設置された自動回転ドア。三和シヤッター工業の子会社三和タジマ(本社東京)製の「シノレス」という機種で,直径が約4.8m,回転部の質量が約2.7tと大型だ。扇形の一部を切り取った形の移動空間(部屋)と,一時的に出入り口をふさぐための扇形の構造体(羽根)が二つずつあり,部屋と部屋,羽根と羽根がそれぞれ向かい合う。
 男児は出入り口が羽根で完全にふさがる直前のタイミングで外から部屋に入ろうとしたが,羽根と支柱に挟まれ,間もなく死亡した。  この事故に関しては,警視庁がビル管理会社の森ビル(本社東京)や三和タジマの責任者を業務上過失致死の容疑で東京地方検察庁に書類送検しており,捜査は既に終わっている。

日経ものづくり 事故は語る
●事故が発生した自動回転ドア
「六本木ヒルズ」(東京・六本木)内にある森タワーの出入り口に設置されていた。亡くなった男児は羽根と支柱に頭を挟まれた。

出典:事故は語る
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。