【連載講座】最新センサ詳解 第14回 ステアリングの舵角センサ 電磁誘導で絶対角を測定

古河ASは、AS(オートモーティブシステム)を受け持つ古河電工の子会社。現状では、米国の完成車メーカーに、ステアリングの舵角センサを提供している。絶対角を高精度に測定できるのが特徴だ。舵角センサの構造や、ほかのセンサとの違いについて述べる。

古河AS 技術本部機能製品技術部マネージャー
脇坂剛


 舵角センサは、ステアリングホイールの角度を計測するもの(図)。コーナーなどでステアリングホイールを何度回転させたかが分かる。舵角情報を用いることで、ESC(横滑り防止装置)による車両の姿勢制御や、ステアリングを自動操舵する駐車支援システムなどに用いることができる。

【連載講座】最新センサ詳解
当社の舵角センサとステアリングシャフト上での搭載位置
舵角センサ(右)をステアリングシャフトのコラム周辺に組み付ける。

出典:連載講座
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。