本田技研工業四輪事業本部 開発企画室RAD(商品統括責任者)阿野 則生氏 カタログ燃費より実用燃費


 ホンダの新型ハイブリッド車「インサイト」は、発売から約1カ月で1万8000台を受注した。トヨタ自動車のヒット作「プリウス」を抜いたハイブリッド車の成功に、省燃費車のこれからを占うヒントがある。(聞き手は浜田基彦)

―1万台おめでとうございます(インタビューは1万台受注突破直後)。これは驚きの数字ですか。
 従来の延長線上にないクルマなので、普通のお客様に受け入れてもらうまでにはバリヤがあります。実際の市場の立ち上がりはもう少し遅れてもおかしくないと考えていました。最近は新車効果が3カ月とか、半年しかもたないと言われますが、それよりはロングテールのつもりだったんです。

出典:Key Person
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。