ジュネーブモーターショー2009

2009年3月に開催されたジュネーブモーターショー(79th International Motor Show and Accessories Geneva)の主役は電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)などの電動車両だった。日本メーカーが最新のEVやHEVを持ち込んだのはもちろん、欧米の企業が続々と参入している。

 世界的な自動車需要の落ち込みの中で開催された今回のジュネーブモーターショー(図)。展示内容では、ここ数年のトレンドを引き継ぎ、環境に焦点を置いたものが目立つ。

ジュネーブモーターショー会場の様子
ジュネーブモーターショー会場の様子
不況の影響を感じさせず、多くの来場者を集めた。

出典:Event Report
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。