日経オートモーティブ Market Watching
ドイツと英国のユーザーは新世代のパワートレーンに関心
20万円以上の価格増でもクリーンディーゼルに人気

 ドイツと英国のユーザーは、ハイブリッドやクリーン・ディーゼル・エンジンなど、新世代のパワートレーンに関心が高い――こうした結果が米J.D.Power and Associates社が2008年5月および6月に実施した「2008年ドイツ、英国自動車新技術調査」で明らかになった。
 この調査は13項目の新技術について、その新技術の価格提示前と提示後の両方における関心度を調べたもの。ドイツでは2500人、英国では2501人の回答を得た。

ドイツと英国における新技術への関心度調査
ドイツと英国における新技術への関心度調査
価格を伏せた場合の関心度、価格を提示した後の関心度を国別に実施。(a)ドイツでは価格提示前後でAFSが1位であったが、提示後はハイブリッドシステムが2位に上がった。(b)英国では価格提示後にクリーン・ディーゼル・エンジンが1位、ハイブリッドシステムが3位となった。(出典:米J.D. Power and Associates社)

出典:Market Watch
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。