【解説】Liイオン2次電池、2009年に飛躍

2009年は車載向けLiイオン2次電池の市場が本格的に立ち上がる。国内外の自動車メーカーが乗用車に相次いで採用を始めるからだ。国内メーカーではトヨタ自動車、富士重工業、三菱自動車が、そして欧米でもDaimler社が採用する。2010年には日産自動車、ドイツAudi社、米GM社も採用を控える。自動車メーカーと電池メーカーの動きを追った。

 ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)の性能を決める上で最も重要な2次電池が大きく変わろうとしている。トヨタ自動車、日産自動車といった国内トップメーカーが2009年以降、Liイオン2次電池搭載車を相次いで登場させるからだ。
 対象はHEV、EV、プラグインハイブリッド車(PHEV)と多岐にわたる。トヨタは子会社のパナソニックEVエナジーで、2009年からPHEV向けにLiイオン2次電池を少量生産、2010年から量産を始めることを表明した。
 2000年に「ティーノハイブリッド」にいち早くLiイオン2次電池を搭載した日産も2010年にLiイオン2次電池を搭載したHEVとEVを量産する。HEVは後輪駆動車となる予定で、既に変速機や、荷室に横置き搭載するLiイオン2次電池を公開している(図)。この電池は日産がNEC、NECトーキンと合 弁で設立したオートモーティブエナジーサプライ(AESC)が供給する。

日産自動車は2010年にHEVを発売
日産自動車は2010年にHEVを発売
(a)HEV用変速機と(b)Liイオン2次電池モジュール。

出典:Features
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。