例えば遠隔医療や電子商取引などの分野に向けた画像システムでは,忠実な色再現が非常に重要な開発項目となる。連載最終回となる今回は,ICCプロファイルによる色管理に加えて,こうした究極の色再現に向けたシステムとしてスペクトラムに基づく色再現を紹介する。(田中 正晴=本誌)

山口 雅浩
東京工業大学 像情報工学研究施設 准教授

 これまでの連載で解説したように,色空間には視覚特性に基づいて色を表す表色系と,映像信号の意味を表すものがある。映像の色空間はもともとブラウン管の特性から作られたが,その必要性はなくなってきた。むしろ最近では,従来のRGBの限界を超えて色再現性を高める方向の動きが進んでいる。ブラウン管では表示できないような広い色域を扱うxvYCCや,デジタル・シネマの規格に採用されているXYZなどはその一例である。

出典:チュートリアル
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。