本講座では民間検定の「知的財産検定2級」水準の問題を解きながら,技術者向けに知財の常識を解説する。今回は,「著作権」と「不正競争防止法」について取り上げる。技術者にとっては,例えば学会発表で他者の論文を引用する場面などで,こうした知識が必要になる。(木村 雅秀=本誌)

斉藤 達也
片寄・斉藤特許事務所(虎ノ門オフィス)代表
弁理士

 前回までに説明した特許法などの産業財産権法以外にも,知的財産の保護に寄与する法律がある。今回説明する著作権法や不正競争防止法,さらに,半導体の回路配置に関する法律,種苗法,関税法,独占禁止法などである。技術者自身がこれら「周辺法」の概要を理解することで,自己の生み出した「知」を多様な観点から保護するための幅広い視野を持つことができる。

出典:チュートリアル
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。