Timothy C. Lethbridge
カナダUniversity of Ottawa
Richard J. LeBlanc Jr.
米Georgia Institute of Technology
Ann E. Kelley Sobel
米Miami University
Thomas B. Hilburn
米Embry-Riddle Aeronautical University
Jorge L. Diaz-Herrera
米Rochester Institute of Technology

米IEEEコンピュータ学会と米コンピュータ学会(ACM)は,2001年秋から3年をかけて,大学の学部課程向けにソフトウエア工学の推奨カリキュラム「Software Engineering 2004(SE2004)」を策定した。今回掲載する米IEEE Software誌からの翻訳論文は,SE2004プロジェクトの運営委員会の主要メンバーが自ら筆を執り,この推奨カリキュラムの概要を紹介したもの。カリキュラム・ガイドラインを策定した目的は,学部生により良いキャリアを身に付けさせることと筆者らは述べている。(山田 剛良=本誌)

出典:論文
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。