コンピュータ技術が変わろうとしている。WWWを通じてアプリケーション・ソフトウエアを提供する形態が一般的になった結果,WWW向けのソフトウエア開発技術と一般的なプログラムの開発技術が共通化しようとしている。個別のOSごとに異なる技術を使うのではなく,WWWコンテンツと同じ技術を使ってプログラムを開発したり,逆にパソコン用プログラムの開発技術をWWWコンテンツの開発に応用したりするといった新たなトレンドが進行中だ。

 コンピュータとインターネットの世界の融合が,現在よりさらに一段階進もうとしている。当初はサーバー機上で動くプログラムのユーザー・インタフェースにWWWブラウザーを使うという程度だったが,これからはプログラムの仕組みまでインターネットと同じになっていく。

 結果としてそれは,クライアント機器のプログラムの作り方を大きく変えるだろう。WWW向けとパソコン向け,そして携帯機器向けなどにおいて,基本的な設計を共通化できるからだ。例えば,インターネットに対応した組み込み機器にとっては,現在より膨大な数の,しかもリッチなアプリケーションやサービスが容易な実装で実現する可能性がある。このことを本誌では「WaaC(Web as a Client)」と呼ぶことにする。

出典:特集
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。