誰が映像配信の主導権を握るのか?

第1部<デジタル家電戦略>
変わらなければ明日はない
「見る」から「使う」への大変革

 インターネットに接続できるテレビは1990年代後半に初めて製品化された。それ以来,これまで事業として成功したものはなく死屍累々の山を築いてきた。ブロードバンドが普及した今,家電メーカーの新たな挑戦が始まる。家電の世界にはないスピードでどんどん進化する映像サービスを上手に取り込んで,テレビや各種AV機器を生まれ変わらせることである。重要なのはユーザーの視点に立った開発だ。家電に“閉じた”発想のままでは,他の産業にAV分野でも先行される可能性がある。

第2部<連携と実装>
シームレス体験実現へ
家庭内ネットに活路を見いだす

 テレビ,パソコン,DVR,STB…。インターネット上の映像コンテンツを家庭内で「いつでも」「どこでも」「どんな機器でも」表示させるには,これらの家庭内機器の機能をうまく連携させるのが近道である。だが,連携の組み合わせ方は星の数ほどある。そこで,家庭内の機器を連携させるための切り札として注目を集めているのが,家庭内ネットワーク上でAVコンテンツを伝送する規格「DLNA」である。

出典:Cover Story
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。