閉じる

太陽光発電事業者のための法律Q&A

クリーンテック ラボ

目次

  • 太陽光搭載住宅の売買に伴い、売電単価を引き継ぐにはどうすればよいのでしょうか。

    <第31回>中古住宅売却時に、発電事業者名義の変更手続きを行うことの重要性

    ある住宅会社から、改正FIT法(電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法)施行に伴う発電事業計画書等の申請手続きの案内の発行について法律相談を受けました。

  • 太陽光発電事業の「持続可能性」について、どのように考えるべきでしょうか?

    <第30回>持続可能社会実現に向けて、太陽光発電事業の法務的観点からの課題

    太陽光発電協会(JPEA)は7月3日、2050年までの国内における太陽光発電の導入を概観した「太陽光発電2050年の黎明<脱炭素・持続可能社会実現に向けて>」と題する報告書を公表し、「2030年までに国内導入量(累積稼働量)100GW、2050年までに少なくも200GWの実現を目指すべきであり、その…

  • パネルを納入した建設会社が倒産!販売代金を回収する手段は?

    <第29回>太陽光発電施工業者の請負代金債権に対する動産売買先取特権に基づく物上代位権の行使

     最近、太陽光関連施工者(建設会社)の倒産にからみ、次のような法律相談を受けました。「当社は太陽光発電パネルを販売する建材商社です。当社が納めた太陽光パネルを利用して太陽光発電所を建設中の建設会社が事業停止してしまいました。現在は、基礎部分と当社が納めた太陽光パネルが施工されていますが、工事は完成し…

  • PID現象で出力低下、パネルメーカーが負う責任は?

    <28回>PID対策製品や補修工事の保証範囲と説明責任

    当法律事務所に、PIDの制御補修工事を共同で実施したパネルメーカーと施工事業者が訪ねてきました。補修工事の負担割合に関する見解が両社で相違し、調整するために将来の法的リスクについて相談にこられたのです。

  • 住宅太陽光の改正FIT法への移行手続き、最終的な責任は誰に?

    <27回>新認定制度移行に伴う住宅太陽光のおける施主からのクレームリスク

    固定価格買取制度(FIT)の法改正への対応で、最も多い法律相談が、住宅用太陽光発電の設置を数多く販売し、かつ接続契約の手続きを代行してきた建材会社からの相談です。

  • 太陽光の自立運転に期待した顧客から、停電による損害賠償を請求されました・・・

    <第26回>自家発電システムの性能に関する説明の誤り

    最近、相談を受けた事例です。「停電時でも安心の自家発電」「自家発電で停電の不安解消」とうたって、太陽光による自家発電システムを導入した省エネ住宅を建築して引き渡したところ、実際に停電が起きてしまいました。

  • 業者の申請忘れで売電単価32円が24円に低下、損害賠償の範囲は?

    <第25回>「予見可能性」と「逸失利益」の損害認定について

    「法律Q&A」コラムでは、2月15日に「客先に付ける太陽光の認定を取り忘れたリフォーム業者の責任は?」との記事を掲載した(関連記事)。この記事を読んだ人から、類似したケースとして、質問が、寄せられました。

  • 客先に付ける太陽光の認定を取り忘れたリフォーム業者の責任は?

    <第24回>「契約締結上の過失」と「不法行為」に基づく法的責任と賠償範囲

    先日、以下のような法律相談を受けました。あるリフォーム業者が、顧客からリフォームの工事と太陽光発電システムの取付工事の契約を予定していました。設備認定がなされたことを前提に顧客との間で話しを進めていました。しかし、申請期限を過ぎた時点で、実際には、設備認定がなされていないことが発覚しました。

  • 法律相談から見る「メガソーラーの課題」、その“傾向と対策”

    <第23回>発電所の売買や近隣クレームに関する相談が増加

    2016年は、メガソーラー関連で様々な法律相談の対応をして参りました。当事務所は、建設関係に関する法務が専門の法律事務所であるため、建設業法対応の法律相談が多く寄せられました。

  • 「一括下請負判断基準」に関し、太陽光工事で留意すべき点は?

    <第22回>メガソーラーの設置工事に必要となる建設業法の知識

    メガソーラー(大規模太陽光発電所)の設置工事にあたり、金額的にウエイトが大きいのが太陽光パネルの代金であり、この太陽光パネルの設置工事が電気工事に該当するとなると、電気工事について建設業許可を有していないと、そもそも建設業法上500万円を超える工事の受注ができないこととなります。

  • 太陽光に対するアマチュア無線利用者からのクレームにどう対応すべきですか?

    <第21回>アマチュア無線利用者の隣地で太陽光パネルを設置することの違法性

     先日,当事務所あてに法律相談がありました。相談者は,住宅会社の経営者でした。

  • 太陽光設備は、災害に対し、法令上どの程度の安全性能が必要ですか?

    <第20回>法令上、太陽光発電システムの具備すべき安全性能の現状と今後

    日本は「災害の多い国」であるとよく言われます。日本の国土面積は全世界の約0.3%にすぎないのにもかかわらず、全世界で起こったマグニチュード6以上の地震の約20%が日本で起こっているというのですから、「災害の多い国」と言われるのも分かります。最近でも,今年4月に発生した熊本地震は、甚大な被害をもたらし…

  • 航空法の改正でドローン活用にどんな影響がありますか?

    <第19回>メガソーラーの建設・管理にドローンを使用する際の法的注意点

    メガソーラー(大規模太陽光発電所)の維持管理など、無人小型ヘリコプター(ドローン)は、様々な場面で活躍できるツールとして注目されています。人力による点検というこれまでの手段は、「ドローンで撮影した画像を確認する」という新しい運用に変化していく可能性もあると思います。

  • 改正FIT法では、他法令に違反した場合でも、認定が取り消されるのですか?

    <第18回>新認定制度では、他法令違反により発電事業の継続が困難も

    2016年5月25日、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(FIT法)等の一部を改正する法律」が、第190回通常国会において可決・成立し、2016年6月3日に公布されました。

  • メガソーラー建設中、近隣住人とトラブルになった場合、どう対応すべきですか?

    <第17回>近隣トラブルのリスクに備えた事業主と施工業者の対処方法

    メガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設工事を実施するにあたり、近隣との調整が必要となるケースも目立ってきました。最近は、住民説明会で「メガソーラー建設反対」を主張する近隣住民も多く、こうした住民対応に関する法律相談も多く寄せられています。

  • 建設業法の改正で、メガソーラー工事にどんな影響がありますか?

    <第16回>改正建設業法の大規模太陽光発電所建設工事への影響

    建設業法上の金額要件を見直す「建設業法施行令の一部を改正する政令」が、6月1日にスタートします。

  • 屋根借り太陽光の設備が地震で破損した場合、貸主の責任は?

    <第15回>天災地変と屋根借りビジネスのリスク

     匠総合法律事務所では、今年4月14日以降の熊本地震を受け、福岡事務所に「平成28年熊本地震法律相談対策室」を開設し、建設会社、住宅会社や設計事務所の皆様からの法律相談を集中的に受付け、アドバイスや書式提供をしています。

  • 予測不能な「工事費負担金」増額への対処方法はないのでしょうか?

    <第14回>工事費負担金をめぐる法律相談

    「工事費負担金」とは、太陽光発電システムで発電した電力を売電するために、電力会社との連系に必要となる工事の費用のことをいいます。

  • 固定価格買取制度の見直しによって、再エネ事業はどう変わるのでしょうか?

    <第13回>「再エネ特措法改正法案」による発電事業への影響

    平成28年2月9日、経済産業省 資源エネルギー庁より、再エネ特措法の改正に関するニュースリリースがなされた。同法は、成立時より3年毎に見直しを行うものとされていたが(再エネ特措法附則10条2項)、今回の改正は、平成24年7月1日に施行されてから3年が経過した後の見直しを経ての改正である。

  • 太陽光パネルの反射光で近隣住民から苦情を受けました。これは違法でしょうか?

    <第12回>パネルの反射光を巡る「受忍限度」の要件に関する法律問題

    太陽光パネルからの反射光を巡っては、住宅用太陽光発電について横浜地裁平成24年4月18日判決(判例集未掲載)において受忍限度を超える反射光を生じさせているとして撤去命令及び損害賠償請求が認められたところ、同控訴審である東京高裁平成25年3月13日判決(判例時報2199号23頁)において「受忍限度」を…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る