前回まで、UXデザインの重要性やUXデザインの前提となる考え方について考えて来ました。UXデザインの目的は、「ユーザーに製品の価値をわかってもらうために、満足感や再利用の意欲を感じてもらえる利用体験を設計する」ことだと解説しました。では、具体的にどのようにUXを設計すればよいのでしょう。前回ノハナのUXデザインの設計プロセスを紹介しましたが、今回はさらに踏み込んで、様々な設計手法の概要を紹介したいと思います。

上流工程こそUXデザインの要点

 まず注意が必要なのが、UXデザインは理想的には製品づくりの最上流で実施すべきであることです。ノハナの事例でもそうでしたが、UXデザインでは製品の詳細を検討する前に、ユーザーにどんな利用体験をしてもらうかを、あらかじめ計画します。通常、製造業における設計は、製品の機能をいかに実現するか、つまり「どう作るか(HOW)」を、様々な制約の中で検討することだと言えます。しかし、UXデザインでは、どのようなものがユーザーにとって価値あるものかを検討することが鍵となります。つまり「なにを作るか(WHAT)」が、UXを設計する際の重要な検討事項なのです。

 例えば、あるソフトウエアの商品企画があったとします。すでに要件が決まっており、機能の開発が進んでいる段階にあるとして、UXを考慮した設計はできるでしょうか。ユーザーインターフェース(UI)の一部を変更したりして、使いやすさを向上させることはできるかもしれません。しかし、要件が決まった後からUXデザインを考慮したところで、ユーザーが本当に望んでいた使い方にはなかなか対応できず、結局は予定された機能にユーザーが合わせるしかなくなるケースがほとんどです。これではよいUXを実現することは困難です。

 時折、UXはUIの話だと誤解をしている人がいます。しかしこの話が示すように、UXはUIだけの話ではありません。もちろん、UIは重要なUXの要素で、UIを良くするとおおむねユーザーの操作やシステムに対する印象は改善されます。しかし、それだけでは高い満足感や再利用の意欲につながらないかもしれません。たとえ作るべき製品やサービスがある程度決まっていたとしても、望ましいユーザー体験を検討することを通して、ユーザーに与える価値を軸に製品を位置づけていくことが重要なのです。

 これら、いわゆる上流工程の作業は、商品企画やマーケティングなど設計とは別の組織の役割となっている企業も多いのではないでしょうか。しかし、UXデザインでは、上流工程こそ最も重要な設計工程なのです。ユーザー体験の設計思想を製品の細かい仕様に反映していくためにも、現在の製造業においては、こうした作業に技術者が積極的に関わっていくことが望まれていると言えます。

様々なデザイン手法を活用

 UXデザインをスムーズかつ効果的に進めるために、様々な手法が用いられます。これらの手法は、比較的誰にでも取り組むことができるものが中心です。“デザイン”という名前がついていますが、いわゆる専門的なデザイン教育を受けている必要はありません。つまり、技術者の方でもこれらの諸手法を知り、活用できるようになればUXデザインに自ら取り組めるわけです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!