探訪

北九州市の施策に乗った、ひびき灘の埋め立て地のメガソーラー

架台一体型の基礎で工事の制約を解消

2014/03/11 00:00
加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
印刷用ページ

 出力1.990MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「ひびきソーラーパワー」(図1)は、北九州市の第三セクター企業のひびき灘開発が建設した。立地する場所は、産業廃棄物の埋め立てを完了した処分場である。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図1●出力1.990MWのメガソーラー「ひびきソーラーパワー」
フェンスを挟んだ隣は、日本アジアグループの出力約2MWのメガソーラー(出所:日経BP)
  • 記事ランキング