図1 セイコーエプソンのHMDでは、側頭部に配置した液晶パネルで表示した映像を、光学系を通じてユーザーの目に投射する。ハーフ・ミラーを採用することで、現実空間を目で見ながら、映像を視聴できる。現行製品では映画の視聴に重きを置くが、今後は業務用途などへの展開も検討している。(図:セイコーエプソンの資料を基に本誌が作成)
図1 セイコーエプソンのHMDでは、側頭部に配置した液晶パネルで表示した映像を、光学系を通じてユーザーの目に投射する。ハーフ・ミラーを採用することで、現実空間を目で見ながら、映像を視聴できる。現行製品では映画の視聴に重きを置くが、今後は業務用途などへの展開も検討している。(図:セイコーエプソンの資料を基に本誌が作成)

両眼・透過型でHMD事業に参入、次期モデルの開発にも着手