(イラスト:山井 淳一)

HD映像を無線で飛ばす「無線HD映像伝送」の実用化が進んでいる。
ケーブル接続なしで、スマートフォンの画面をテレビに表示できる。
コンテンツの増収に結びつくことから携帯電話事業者の関心が高い。
テレビを押しのけ、スマートフォンがリビング・ルームの「主役」になる可能性もある。
広く普及する無線LANを使った有力な規格も登場している。

Contents

出典:2012年5月28日号 pp..59-66 日経エレクトロニクス
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。