富士写真フイルムが大ヒットさせたディジタル・スチル・カメラ「FinePix 700」の開発物語。本体が小さいだけでなく,民生用のディジカメとして初めて150万画素のCCDを搭載した。他社に先駆けた,そのCCDの開発には,こんな紆余曲折うよきょくせつがあった。

出典:2000年8月14日号~ 2000年10月9日号 日経エレクトロニクス
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。