ここ最近,データ・センターや家庭,オフィス,工場,店舗などで直流給電システムへの取り組みが加速している。今,なぜ直流給電に注目が集まっているのか。その大きな要因は,温室効果ガスの削減に向け,直流給電が非常に有効な手段になり得ることである。

日本国内におけるIT機器の消費電力は,2025年に2006年に比べて5倍以上に,2050年には12倍に増加するとの予測がある。直流給電を利用すれば,この電力を10~20%削減できる可能性がある。図は経済産業省の資料を基に作成した。