中国FPD市場で真っ向からぶつかり合う韓国,台湾,中国のパネル・メーカーに対して,日本のパネル・メーカーの姿がなかなか見えてこない。しかし,日本メーカーも中国市場への進出をあきらめたわけではない。FPD産業の中での生き残りをかけたビジネス・モデルの刷新を模索している。これまでの日本国内ですべてを作りあげる「垂直統合」モデルから,消費地で生産を行う「地産地消」モデルに変えていこうとする動きである。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!