日本ではC言語やSystemCでICが設計できることから、高位合成の人気が高い。ただし、高位合成を使った得た設計データに基づいてレイアウト設計に進むと、配線の密集が発生しやすいという課題がある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!