講演の様子
講演の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 2014年9月11~12日に開催の自動車関連セミナー「BEYOND2020 クルマが拓く未来~これから自動車関連ビジネスはこう変わる~」(主催:日経BP社、東京・品川)で、11日の最初に登壇した川口盛之助氏(盛之助 代表取締役社長、日経BP未来研究所アドバイザー)は、自動運転車のインパクトを幾つか挙げた。

 講演タイトルは「2020年のクルマ産業を読み解く、キーワードは仮想化とカスタマイズ化」だった(関連記事1「トヨタがJTBになる、未来の自動車産業とは」)。ここでは、自動車が「機械→電気→電子→情報→ソフト」と、進化していると述べた。さらに「サービス→バイオ→脳」へと発展する可能性も紹介した。

 こうした進化の過程で直近に登場しそうなのが自動運転車だ。技術的には、ADASやそれを支える「クルマの目」が実用レベルに来ている(関連情報)。川口氏は、自動車産業だけではなく、他産業にも大きなインパクトを与えるとして、例を挙げた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!