本田技術研究所主任研究員の岡部昌規氏が「次世代自動車が家庭などの電力源に、V2X時代の到来」をテーマに講演した。岡部氏は北九州市で実証実験中である燃料電池車(FCV)「FCXクラリティ」から住宅に電力を供給する取り組みを説明し「FCVは走るだけでなく非常用電源としても価値がある」と説明した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!