「ウエアラブル」の本質を議論する

「デジタルヘルスAcademy」シリーズ、2014年6月11日に東京・御茶ノ水で開催

2014/06/10 00:00
[クリックすると拡大した画像が開きます]

「ウエアラブル」――。このキーワードの下に今、生体情報を取得できるさまざまな端末の開発が相次いでいる。では、デジタルヘルス分野でウエアラブル端末が“真価”を発揮するために必要なことは何か。それを多面的な視点から探るのが、2014年6月11日開催のデジタルヘルスAcademy「『ウエアラブル』の本質を議論する」である。同Academyについてレポートする。

■関連連載 ウエアラブルの“真価”

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング