3Dプリンターにおいて3Dモデル情報を記述する新たなデータフォーマットの策定が進んでいる。慶應義塾大学環境情報学部准教授の田中浩也氏は2014 年5月12日、東京都内で開催された「3Dプリンティング・シンポジウム ―― 世界を変える“ものづくり革新”の実像に迫る」「3Dプリンティングの実力を引き出す、新データフォーマットの標準化状況」について講演した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!