「International Solid-State Circuits Conference(ISSCC)2014」(2014年2月9~13日、米国サンフランシスコ)のセッション5「Processors」では9件の発表中、米IBM社と米Intel社が共に3件ずつ発表しており、両社が存在感を見せつけた。中でも注目を集めたのが、IBM社のサーバー向け22nm世代プロセサ「POWER8」[講演番号5.1~5.3]と、Intel社のパソコン向け22nm世代プロセサ「Haswell」[5.9]である。用途は違うが、いずれも「プロセサにボルテージ・レギュレータを統合している点が新しい」(ISSCC委員)という。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!