富士通研究所は、安価な25Gビット/秒対応の垂直共振器面発光レーザー(vertical cavity surface emitting laser:VCSEL)を用いながら、40Gビット/秒の高速通信を可能にするドライバーIC技術を開発し、「International Solid-State Circuits Conference(ISSCC)2014」(2014年2月9~13日、米国サンフランシスコ)で発表した[講演番号:8.9]。講演タイトルは「A 40Gb/s VCSEL Over-Driving IC with Group-Delay-Tunable Pre-Emphasis for Optical Interconnection」。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!